11月 03
2016

横断幕の保管と洗濯方法について

試合の応援などで使った横断幕は取り外した後どのように保管しておくのが良いのか、また汚れたらどのようにお手入れしたら良いのかについてまとめました。

きちんと保管、手入れをしてできるだけ長く使えるようにしたいですね。

【保管の方法】

横断幕の保管方法は、生地によって違います。

トロマット、バックサテン、スウェードなどの布系のものは、シーツのように折り畳んで保管することが可能です。

プリント面を中にして折り畳み、直射日光を避けて風通しの良い場所に保管してください。

折りシワがついてしまった場合は、しばらく物干しざおにかけておくとシワが伸びます。

アイロンかけは止めた方が良いです。

ターポリン、メッシュターポリンなどの塩ビのものは、折り畳みできません。

プリント面を中にして筒状に丸めて保管します。

【洗濯はできる?】

横断幕を屋外で使うとどうしても汚れてしまいますよね。

トロマット、バックサテン、スウェードは洗濯機で洗うことができます。

ただし、弱水流で陰干ししてください。

プリント面は内側にして干してくださいね。

乾燥機にかけると変色する恐れがありますので自然乾燥してください。

ターポリン、メッシュターポリンは汚れたらやわらかい濡れた布でそっと拭き取ります。

ゴシゴシ擦るとインクがはがれてしまいます。

洗濯はできません。

【雨に濡れたら?】

もし雨に濡れてしまったら、トロマット、バックサテン、スウェードに関しては一度水洗いしてから完全に乾かし、折り畳んで保管します。

ターポリン、メッシュターポリンについてはやわらかい布で水分を拭き取り、完全に乾かしてから保管しましょう。

This entry was posted in 横断幕の選択と保管. Bookmark the permalink.

Comments are closed.