10月 25
2016

横断幕の取り付け、取り外し方

スポーツの試合会場などに行くと、横断幕がたくさん取り付けられているのを見ますが、取り付けるのは何だか難しそうに思いますよね。

誰か取り付け専門の人がいるのかと思ってしまいますが、誰でも取り付けられるくらい簡単なのです。

【一般的な取り付け方】

横断幕の一般的な取り付け方法は、とても簡単です。

ある製作会社では、ハトメ1つにつき1mのロープを付けています。

そのロープを二つ折りにして、折った方をハトメに通します。

そうするとロープの折った方が輪っかになっていますよね。

そこに反対側を通します。

そして設置場所に縛るだけでOKです。

【ロープをもっと長く使う取り付け方】

一般的な取り付け方はロープを二つ折りにしましたが、もっとロープを長い状態で使いたい時の取り付け方もあります。

まずロープをハトメに通し、ロープの端を下から回し、輪っかを作ります。

ロープの端を輪っかに通すのですが、これを2回繰り返します。

2回輪っかにくぐらせている状態になれば、長さを調整しながら引き締めます。

そして設置場所に取り付けます。

【取り外しも簡単】

取り外しもロープで縛ってあるだけなので、それをほどけば簡単に外れます。

途中でずり落ちて来ないように、取り付けの際はしっかり縛るようにしてくださいね。

看板などと違い、ロープで固定するだけなので誰でも簡単に取り外しできるのが横断幕の良いところです。

そして目にも留まりやすいので、スポーツの応援や宣伝にはぴったりだと言えるでしょう。

横断幕は応援だけじゃなく、激励にも使うこともできます。

◇こんな使い方も・・・<J2清水>静岡市役所に横断幕 J1復帰祝う

This entry was posted in 横断幕の取り付け・取り外し. Bookmark the permalink.

Comments are closed.